葬式の大切さを理解していることが大人です

大人の条件はいろいろあります。
社会人として仕事をしていることや、税金を納めている方を大人と決めている方がいます。
また結婚をして家族を持たれているということを大人の定義としている方もいるでしょう。
しかし、その中でもっとも人類共通の大人の定義としてだれもが納得していることが、葬儀の大切さを理解しているかいないかということではないでしょうか。
お葬式やお通夜、告別式など、世界中にはさまざまな形式の葬儀があります。
日本国内でも地方、地域によってその風習は異なります。
その土地、国や地域の文化と密接な関係をしていることが多いです。
それくらい葬儀とは人間の人生にとって重要な位置にある行事でした。
数万年前の人類が原始的あ生活をしていた際にも、死者の眠る場所に花を添えるなど、姿かたちは違えど儀式のようなものは存在したと言われています。
この流れは今後人類がいかに進化・発展をしても変わらずに残りつづけることでしょう。