葬儀後に行う納骨を行う時期は決まりがない

葬儀後に行う故人の法要に合わせて納骨も行いますが時期は決まりがありません、納骨は地方によって葬儀後にすぐに行うこともありますが、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行います。
仏式ではお墓がある場合には十九日や一周忌などの法要に合わせて行い、お墓がない場合には一般的には一周忌を目安にお墓を用意してから納骨します。
先祖代々のお墓や位牌がある菩提寺の僧侶に相談することが一番ですが、お墓が遠方であったり納骨がすぐにできないなどの場合にはお寺や霊園がある納骨堂に一時的にあずかってもらうことも可能です。
その場合には三周忌を目途に正式に納骨します。
ご遺体をお墓に葬ることを埋葬といいますが、現在は遺体を火葬して遺骨を墓石の下の納骨式に骨壺ごとに納めます。
遺骨を納骨式に納めたると埋葬は完了します。
納骨するときには納骨式を行いますが、故人の近親者や親しかった友人、知人などの内輪で行います。
納骨の時期は仏式の場合には初七日から四十九日、一周忌や三周忌の場合もあります。
神式のバイには五十日祭までの十日ごとの霊祭の日から選ぶことが多く、キリスト教式の場合には、カトリックの場合には新婦がひと月後の追悼ミサをする日でプロテスタントはひと月後の昇天記念日です。